welcame-nara

記事一覧(11)

プログラミングで算数を得意に!

プログラミングを早い段階から覚えると、算数に対する苦手意識がなくなり、算数が得意になり、数学的思考力が身に付きます。数学的思考力とは、「数字、式、図、グラフ、図形」を素材として物事を論理的に考える力のことです。例えば、プログラミングでは、横の方向をX座標縦の方向をY座標として表示して、その数値によって配置する位置を決めています。画面の中央がプラスマイナスゼロの位置です。右に動かすときは「X座標を+(プラス)」左に動かすときは「X座標を-(マイナス)」上に動かすときは「Y座標を+(プラス)」下に動かすときは「Y座標を-(マイナス)」算数が苦手な人は、これを聞いただけでも、頭を抱えてしまいそうですね。他にも「右に3移動するのを10回繰り返すと30進む」「3分は60秒を3回かけたもの」このように掛け算の概念も必要になります。これを算数として覚えようとすると、3×10=3060×3=180という式の意味を理解しなければなりません。プログラミングでは、数字を使ってキャラクター動かします。「右に3歩進む」と命令すれば、キャラクターは少しだけ右に進みます。「右に50歩進む」と命令すれば、キャラクター大きく右に進みます。数値を変えることで、画面のキャラクターの動きが目に見えて違ってきます。そして、もう一つは時間の概念です。コンピュータは命令を瞬時に実行します。例えば、①右に10歩進む②左に10歩進むこのように命令すると、速すぎて動いたことが目に見えません。これを①右に10歩進む②1秒待つ③左に10歩進むこのように②の「1秒待つ」を組み込むことで、右に動いた後、左に動いたことが目に見えてわかります。座標と時間を上手く組み合わせることでキャラクターを意図する動きになるようにしていきます。こんなことを考えながらプログラムを作っていくと、自然に算数が得意になると思いませんか?子どもにとって、目的さえあれば、道具を使いこなすのは難しいことではないんです。「ゲームをつくる」ことが目的だとしたら、たとえ小学校1年生であっても、分数・負の概念・素数・三角関係・ベクトル・行列・微分・積分といった、大人でも使いこなすのが難しいと思われている概念を使いこなせるようになります。数式を解くだけが、算数の勉強ではありません。算数で必要なことをプログラミングで学べてしまうのです。スゴイことですよね?子どもに算数を得意にさせたかったら、プログラミングを学ぶべきだと思います。是非一度体験会にお越しください。

ダチョウロボット テケテケドリ

ダチョウロボット テケテケドリを紹介します。カタチは見ての通りダチョウの恰好をしています。首を左右に振りながら二足歩行します。カツカツと足を交互に動かしながら円を描くように歩く姿は非常に愛らしく可愛いです。動力源はモーター+乾電池なんですが、四角いBOXの中に組み込まれていて、シャフトを回して、そのシャフトの回転で足を動かしています。モーターの回転がどのようにギヤを回し、足を動かしているのかを学ぶことができます。最初、完成して動かしてみたら、すぐに倒れてしまってうまく歩くことができませんでした。バランスが微妙なんです。シャフトが平行でなかったり、ギアのかみ合わせが甘かったり、重心バランスが悪いとすぐに倒れてしまうのです。これを安定して歩くようにするには、工夫が必要でした。作成テキストにはないパーツを足して重心のバランスをコントロールしたり、長い尻尾をつけてみたり。うまく動かない時の、この工夫が想像力をかき立てます。そして何といっても私は先生ですから、キチンと動かないままでは生徒に示しがつきません。でもって、威厳を保つために必死で観察して、最後にはキチンと動くように完成させました!しかし、これはスゴイなあと感動しましたね。シャフトの回転運動を二足歩行の動きに変換して歩くなんて、完成品をみれば、あーそうかと思いますが、ブロックを何時間さわっていても、私には思い浮かびません。ロボットクリエイター 高橋智隆先生おそるべし。全コースで48種類ものロボットを、同じパーツを様々な組み合わせを変えて作り上げていくのは、楽しさと学びに溢れていますね。次はどんなロボットが登場するのかワクワクします♪是非一度体験会にお越しください。

教室リニューアル

教室の雰囲気、伝わってますか?明るく、楽しい雰囲気になるようリニューアルしました。子どもも大人も居心地のいい教室を目指して、アレコレ悩みながらほぼ完成しました。まず、机の高さを低くして背の低い小学生に合わせました。机は手づくりなので、脚の長さを通常の70㎝から62㎝にカット。8㎝の差は座ってみると、ものすごく違いますね。そして、椅子は背もたれがないBOXにすることで、動きやすくなりました。カラフルな椅子はちょっとおしゃれ感を出すのにピッタリです。ロボット&プログラミングでは、マニュアルを見て作成するので、手元が見やすいようにLEDライトを設置して、とっても明るくなりました。このLEDライトはまぶしくないんです。光を直視しても目に残像が残らない優れものです。連結することができるので余計なコードもなくすっきりできました。あと、写真ではわかりませんが、床には防音マットを敷き詰めています。ロボットが完成すると子どもたちは大喜びでテンションが上がります。防音マットのおかげで少しぐらいはしゃいでも大丈夫です。(たぶん・・・)そして、防音マットだけではおしゃれ感がないので、アイボリー色のカーペットを敷いて、明るい雰囲気にしました。全体的にスッキリした感じで、何かに集中するには良い環境ができたと思っています。ぜ~んぶ自分でやったので、工事費用は0円。教室に通ってくれている生徒さんの笑顔のために、できることをコツコツと進めていきたいと思います。

こどもにプログラミングを学ばせる5つの理由(その5)

「こどもにプログラミングを学ばせるべき5つの理由」の理由5をお届けします。理由5・・・自分に自信を持てるプログラミング学習では、子どもたちが自分で考える機会が多くあります。自分の考えたことを表現したり、何らかの課題を解決したりすることを通じて、「自分にもできた!」という自己肯定感を得られるからです。自分自身や考えを表現するツールは粘土や絵画など、他にもたくさんあります。しかし、プログラミングはその中でも飛びぬけて「作りたい」から「できた!」までのプロセスが短いと言えます。それは物理的な制約のない場面でのモノ作りだからです。何かを間違えたらエラーで知らせてくれるし、同じようなものを作りたかったら「コピペ」が使えることも多いです。このように完成までのプロセスがとても速いので自己肯定感を得やすいツールだと言えます。プログラミングを学ぶ場は、年齢、学校、地域、スキル、成績、目指す進路など、さまざまなバックグラウンドの違いを持つ子どもたちが、一つの空間に集まって学ぶことが可能です。仲間との関わりが、子どもたちの自信につながる場面が多いのも特徴と言えます。互いに作品を見せ合ったり、評価し合ったりする過程で、相手の個性や自分との違いを認め合う関係性が生まれ、自分もまた相手に受け入れられるという経験をします。そんなやり取りを通して、子どもたちは自分の自信につなげていくとともに、多様な子どもたちがいる安心感は、自分の自由な発想を広げる支えにもなります。もう一つ、プログラミング学習の場が自分への自信につながる理由は「大人との関係性」です。プログラミング学習の世界では、子どもたちの自由な作品作りから学習が発展するという考えから、講師である大人の立場が異なります。例えば、学校の勉強やほかの習い事においては、大人と子どもの間に「大人=知識や技術を教える人。子ども=それを習う人」という関係性が存在します。しかし、プログラミング学習の世界では、講師の大人はメンターと呼ばれ、一方的に子どもたちに教えるのではなく、どちらかと言えば、子どもたちと対話しながら、目的達成や課題解決のためにどうすればいいかを一緒に考えたり、助言したりするような役目を担うのです。つまり、プログラミング学習の世界では、「学びを進める主導権は子どもが持っている」ということです。大人はそれを尊重し、子どもの「できた!」という声が聞こえるまで寄り添う存在であり、そんな大人に褒められ、支えられながら、子どもたちは自信をつけていくことができるのです。

こどもにプログラミングを学ばせる5つの理由(その4)

画像のグラフはTechAcademyマガジンが調べた、子どもがいる保護者へのアンケート結果です。①小学校でのプログラミング教育の必修化に賛成ですか?反対ですか?   賛成     81.5%   反対     18.5%②プログラミングをいつ頃から勉強したかったと思いますか?   小学校入学前  6.6%   小学生    38.4%      中学生    31.1%   高校生    14.6%   大学・短大   6.0%   社会人     3.3%プログラミングに対する保護者の方の関心は高く、小学生または中学生から学ぶのが良いという意見が多数を占めています。そして、今回は子どもにプログラミングを学ばせるべき5つの理由の4つめ理由4・・・「論理的思考力」養える社会人にとって必須のビジネス基礎力の一つである論理的思考力(ロジカルシンキング)は、一般的には、頭の中で考えていることを紙に書いたり、相手の立場になって物事を考えることによって鍛えられると言われています。論理的思考力とは「物事を筋道立ててきちんと考える力」です。この力はプログラミングを学習することで必然的に身に付きます。プログラミングは、実作業において「小さい命令をいくつも組み合わせ、全体で何らかの目的を達成する作業」です。そのため、プログラミングの学習を進めていくと必然的に、論理を組み立てることが、トレーニングされ、そして論理的思考力の向上につながります。例えば、紙の上に円を描いてほしい場合を想像してください。隣に座っている友人にこれを依頼する場合は、紙とペンを渡して「その用紙の上に円を描いてよ」と言えば課題は解決します。一方、コンピュータに依頼する場合はそうはいきません。人に依頼するときよりもさらに詳細に依頼内容を伝えていく必要があります。どの位置に? サイズは? 形は? 色は? 何個? といったように小さい命令を細かく出していくことが必要になります。コンピュータを使って自身の頭にあるイメージを具体化するには「どのように指示を出すのか」「どのように表現すればよいのか」を考えながらアイデアをカタチにしていくことが求められます。そのため、プログラミングを学習する過程で論理的思考力や表現力が高まります。そして、プログラミング教育は「9歳の壁」に対して役立つのではないかと議論されています。「9歳の壁」とは、その名のとおり、9歳児、10歳児が直面する学業上の壁のことです。日本の義務教育では、小学校低学年までは「具体的に目で見て確認したり、理解できる学習」が中心です。しかし、小学校3年生、4年生になると、例えば算数であれば「割り算」や「分数」「小数点以下の計算」といった、「九九を応用して論理的に考えること」が求められる計算が出てきます。その結果、3、4年生を境目に学習につまずく子どもが増えてきます。これが9歳の壁です。この壁に対して、ゲーム感覚で学ぶことができ、かつ論理的思考力を養えるプログラミング教育が役立つと期待されています。

こどもにプログラミングを学ばせる5つの理由(その3)

「こどもにプログラミングを学ばせるべき5つの理由」の理由3をお届けします。理由3・・・将来の可能性を広げる「今の子どもたちの65%は大学卒業時には、現在存在しない職業に就くだろう」2011年、アメリカのデューク大学研究者キャシー・デビットソン氏が語ったこの言葉はメディアなどで大きな波紋を呼びました。テクノロジーの進化やIT化によって将来なくなるであろうと言われている職業も多く、デビットソンのこの言葉は、今後ますますITが社会を変えていくことを物語っています。こうした先が見えない社会において、どんな仕事にも役立つと考えられるプログラミングを学べば、子どもたちの「できること」や「選択肢」を増やすことにつながます。プログラミングは子どもの幸せを願う保護者の「将来の仕事に役立つだろう」というセイフティーネット的な捉え方ばかりではありません。プログラミングはもっと子どもたちの人生に深く入り込んで、彼らが持つ”縛り”、例えば、年齢や学校、住んでいる地域などの制約を取り払い、自らの人生を変えるようなチャンスをつかむ武器にもなります。プログラミングスキルが世界的に求められている理由の一つが「深刻なエンジニア不足」です。経済産業省によると、IT人材が現在は17.1万人が不足していると推計されており、今後の人口減少に伴い、2030年にはIT人材不足数は78.9万人に上ると予測しています。IT化の波は生活のあらゆるシーンに押し寄せており、製品だけでなく、サービスにもITが活用されています。ITから完全に離れて生活することは、もはや不可能といっても過言ではないと思います。インターネットは日々の生活を支えていますし、直接的には見えづらい様々はインフラ(電車や電気・ガス・水道など)もITで制御されています。自動車も今ではコンピュータの塊です。今後、ITがなくなることは絶対にありません。IOT(モノのインターネット)も普及の一途をたどっており、テクノロジー関連企業が今後も伸びる産業であり、かつ必要とされる産業であることは疑いようもありません。私たちは今後、より身近な生活レベルでプログラミングが必要になる時代を迎えます。「プログラミングができる」ということが価値の高いスキルの一つとなっているのです。

こどもにプログラミングを学ばせる5つの理由(その2)

「こどもにプログラミングを学ばせるべき5つの理由」の理由2をお届けします。理由2・・・「問題解決能力」を養えるこれまでの社会は大量生産が産業構成の軸にあり、与えられた仕事を効率よくまっとうする人材が必要とされてきました。学校教育においても、知識を正しく覚えて、与えられた課題を正確に効率よく解ける能力が求められました。しかし、インターネットが登場したことで膨大な情報を簡単に入手でき、時間や場所などの様々な制約を超えて、新しいことが次から次へと生まれる時代へと変化しています。このような世の中では、移り変わる状況に柔軟に対応しながら、自ら問題を設定して考え、判断し、答えを見い出していく能力が求められるようになってきています。まさに問題解決能力が必要な時代になりました。プログラミングは、このような問題解決型学習で学べるのが特徴です。プログラミングは知識を前もって詰め込んだりせず、子どもたちの「作品づくり」や「モノづくり」を大前提に進められる学習だからです。自分の作りたいものを作るプロセスの中で、問題解決型の課題に挑むことができることです。例えば、子どもたちが「シューティングゲームを作りたい」と思い、点数が出れば面白くなると考えたとします。プログラミングでは、この「点数をだせるようにしたい」という行為そのものが1つの課題として設定され、自分で課題を解決する方法を考えます。同じようなゲームのコードを見たり、ネットでヒントを見つけたり、友だちや周りの大人にアドバイスをもらったりと、さまざまな解決方法を自分で探って試しながら「点数が出るためにはどうすればいいか?}という課題を解いていきます。そこには「こうしなければならない」という決まった正解や、どんな計算をしなければならないというルールもありません。子どもたちは自分で課題を解決するために情報収集や試行錯誤、意志決定することが求められ、間違っていた時やうまくいかないときには、もう一度、一歩前に戻ってプロセスを見直します。プログラミングの学習は、基本的にどんな作品をつくったとしてもこのプロセスの繰り返しです。これは仕事を進めるうえで基本と言われているPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルと同じで、課題を解決するための必要な手段でもあります。将来の仕事で必要なスキルを楽しみながら習得できるプログラミング学習を是非一度体験してください。

こどもにプログラミングを学ばせる5つの理由(その1)

今、プログラミングに興味・関心を持つ保護者の方が増えています。子どもたちがコンピュータとにらめっこしながら、ゲームを作っている、これに何の意味があって、その時間に何を学んでいるのか?それを親も知ることができれば、もっとプログラミングとうまく、楽しく関わっていけるのではないかと思います。「こどもにプログラミングを学ばせるべき5つの理由」を5回に分けてお届けします。理由1・・・「楽しい」プログラミングを学ぶ理由として、最初に挙げたいのは、プログラミングが純粋に子どもの遊びとして楽しいということ。楽しいとうのは、スマホやタブレットでゲームをして「楽しい、面白かった」というような楽しいとは少しニュアンスが異なります。プログラミングが子どもの遊びとして楽しいというのは、絵を描いたり、粘土で遊んだり、楽器を弾いたりするときの「楽しい」感覚に似ていると思います。新しい画用紙に何を描こうかとワクワクしたり、この世に存在しない自分が考えた怪物を粘土で作ったり、自分が演奏者になりきって楽器を弾いてみたりなど、自分が想像したものを、何らかのツールを使って表現する遊びが子どもたちにはあります。このような遊びで得られる「楽しい」感覚とプログラミングの「楽しい」感覚は同じです。自分で考えたことや、イメージしたことが、スクリーンの中で動く。プログラミングに始めてトライした子どもがみんな、笑顔を見せるのはこの瞬間です。プログラミングの面白いところは、単に頭の中のイメージを表現するだけではなく、子どもたちが表現したものに、工夫を凝らして遊びを発展できるところです。例えば、キャラクターの動く速度を設定するときに、プログラミングではゆっくりした速さから、あり得ないような足の動きをする速さまで数値を変えて調整できます。「この数値を入れたら、どんな動きをするのかな?」と、子どもたちは色々な数値を入力しながら、遅くしたり速くしたり、自分のイメージに合う動きを見つけていくわけです。こういったさまざまな動きを何度も試せて工夫ができる環境は、子どもたちが「自分の予想を超えた面白いもの、複雑なものを作れる」という楽しさを与えてくれます。ただし、プログラミングツールを与えれば、すべての子どもが楽しんで遊ぶというわけではありません。子どもが楽しく学ぶためには、大人の関わり方や言葉がけも大切です。この「楽しい」を是非一度、子どもに体験してみて欲しいと思います。そして、パソコンに向かって集中して作成している子どもの顔つきを見てください。スタートボタンを押してキャラクターが動いた瞬間の笑顔を見てください。自分で作った!と自慢する子どものドヤ顔を見てください。今まで見たことのない、子どもの表情に出会えるかもしれません。

小学校でプログラミング

2020年に小学校でプログラミングが必須になるのはご存知でしょうか?なぜ学校現場にプログラミング教育が必要なのでしょうか?文部科学省の方向性は次のように言われています。①人工知能などの台頭による第四次産業革命で社会の在り方が変わるため、 その構成員を育てる学校教育も変える必要がある。②身近な生活で使われているコンピュータは「魔法の箱」ではなく、科学技術が 詰まっていることを理解する必要がある。③特定のプログラミング言語でのコーディング(プログラミングを書く・作ること)を 覚えることは目的としない。小学校の現場では、これを「体験的」に身につけていくことを目指しています。体験的に学んだほうが理解しやすいからです。例えば、「電気」という「科学技術」は現在の私たちの暮らしを便利にしています。小学校では豆電球と乾電池の回路がつながり、豆電球が点くことを体験的に学習しています。この体験により、部屋の電気を点けても「魔法だ」と思わず、「回路がつながったんだ」と理解することができます。これと同様に、コンピュータについても「科学技術」として理解することが重視されたのです。プログラミングを学ぶことで次のような効果が期待されています。①コンピュータの特性を習得し、日常生活に生かせる②コミュニケーションが苦手だった子どもが相手に伝わる発信をできるようになる③間違いを自分で振り返り、正しい答えを導きだそうとするようになる④「指示待ち」「課題待ち」だった子どもが主体的に変わる⑤普段あまり目立たない子どもが輝くプログラミングを学ぶことは、算数や国語を学ぶこととは、違った効果を生み出し、将来に役立つスキルだと思います。

ロボット教室の学び

ロボット教室に通っていただいているお子様は、いつもキラキラした目で熱心にロボットを 組み立ててくれます。そしてうまく組み立ててスイッチを入れた瞬間、満面の笑みと歓声があふれます。 「自分で組み立てたモノが動く!」 この体験はロボット教室ならではです。 ロボット教室では、普通の学校や塾の勉強とは違った面で大きな効果が出ています。 たとえば、(1)毎月いろいろな動きをするロボットを組み立てるので、知的好奇心が刺激される。 (2)テキストの図や写真をよく見たり読んだりするので、読解力・理解力が強化される。(3)パーツや組み立て方の細かい違いに気を配り、注意力が養われる。(4)難しい部分もがんばって自分で作り上げることで、粘り強く努力する姿勢ができる。(5)自分の作ったロボットが動いた時の大きな感動や喜びが実感できる。(6)ロボットが動かないとき、何が問題なのかを考えることで、観察力や思考力が養われる。(7)自分で改造したり、独自のロボットを考えたりすることで、独創力が身に付く。など、プラスになる点を挙げると、本当にたくさんあります。そしてなんといっても、お子様が自分から進んで、楽しみながらこのような力をつけることが できるのが、一番いいところだと思います。